SparkMUX

緊急地震速報について

緊急地震速報の仕組み

緊急地震速報は、地震の発生直後に震源に近い地震計で捉えられた地震波の観測データを集約し解析して、震源の位置や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、可能な限り早く知らせる情報です。

地震が発生すると、主にP波・S波と呼ばれる2つの地震波が同時に発生します。

  • P波は毎秒7km程度と伝わる速度が早く、小さな揺れ(初期微動と呼ばれます)を起こす縦波の地震波です。
  • S波は毎秒3~4km程度と比較的伝わる速度が遅く、P波に続いて到達する横波の地震波です。この波は大きな揺れ(主要動と呼ばれます)を起こし、我々が「地震」と感じるものは、大半はこの「主要動」によるものです。

緊急地震速報は、このP波とS波との到達時間の差を利用します。地震計で捉えたP波の情報を集約・解析し、気象庁より震源の情報として発信される緊急地震速報を利用し、「あと何秒で揺れが到達するか?」「どのぐらいの揺れの大きさか?」といった各地での主要動の到達時刻や予測震度を算出し、S波が到達する数秒~数十秒に結果を利用者へ伝えます。

地震動の情報は、全国約1,000箇所に設置されている地震計を利用しています。

それぞれの地震計から地震波データを気象庁でリアルタイムに集約し、解析・処理ののち緊急地震速報電文として、気象業務支援センターを経由し利用者に配信されます。

緊急地震速報の限界

緊急地震速報は、現在の技術や地震の特性から課題も多々あります。

緊急地震速報を適切に活用するためには、こういった課題を十分理解する必要があります。

<発報時間>

  • 緊急地震速報が発表されてから実際に揺れが到達するまでの時間は、長い場合でも十数秒から数十秒となります。
  • 震源に近い場所ではS波とP波の到達時間の差が短いため、緊急地震速報の発表が主要動の到達に間に合わない場合があります。

<誤報>

  • 事故、落雷、機器の障害など地震以外の現象を地震と誤認して、緊急地震速報が発表される可能性があります。

<精度>

  • 特に大規模な地震に対しては、地震の発生した場所や規模の精度に限界があります。
  • 複数の地震が同時期に発生する、または近接して発生する場合、地震を適正に分離できず、的確な情報を発表できないことがあります。
  • 統計的な計算式や地盤の特性を利用して計算するため、推定する震度の精度に限界があります。

一般向け緊急地震速報と高度利用者向け緊急地震速報の違い

緊急地震速報の提供される情報には、異なる2つの種類があります。

利用者側で各種設定が可能な情報を配信する「高度利用者向け緊急地震速報」と、限定されたシンプルな情報を配信する「一般向け緊急地震速報」です。

※ネクストキャディックスで取り扱っている緊急地震速報配信システムは、「高度利用者向け緊急地震速報」を使用しています。

<高度利用者向け緊急地震速報>

●配信内容
  • 地震の発生時刻、地震の発生場所(震源)の推定値
  • 地震の規模(マグニチュード)の推定値
◎推定される最大震度が震度3以下の場合、
  • 推定される揺れの大きさの最大(推定最大震度)
◎推定される最大震度が震度4以上の場合は、地域名に加え、
  • 震度5弱以上と推定される地域の揺れの大きさ(震度)
  • その地域への大きな揺れ(主要動)の到達時刻の推定値(主要動到達予測時刻)
●配信の条件
  • 気象庁の多機能型地震計設置のいずれかの観測点において、P波またはS波の振幅が100ガル以上となった場合
  • 解析の結果、震源・マグニチュード・各地の予測震度が求まり、そのマグニチュードが3.5以上、または最大予測震度が3以上である場合

※高度利用者向け緊急地震速報では、迅速性を重視し地震を検知してから数回(5~10回程度)の情報を発表します。
初期情報(第1報)は、震源から近い場所にある地震計の情報を元に配信します。
初期段階は検知情報数が少ないため、緊急地震速報の精度は高くはないですが、迅速な情報提供に結び付けられます。その後、地震波の広がりとともに地震を検知する地震計の数が増え、第2報・第3報・・・と配信されるたびに情報の精度が高くなっていきます。

※1点の観測点のみの処理結果によって緊急地震速報が発信された後、所定の時間が経過しても2観測点目の処理が行なわれなかった場合はノイズと判断し、キャンセル報を配信します。

<一般向け緊急地震速報>

●配信内容
  • 地震の発生時刻、地震の発生場所(震源)の推定値、地震発生場所の震央地名
  • 強い揺れ(震度5弱以上)が推定される地域及び震度4が推定される地域名(全国を約200地域に分割)
●配信の条件
  • 地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大震度が5弱以上と推定された場合

※一般向け緊急地震速報では、混乱を避けるため、できるだけ続報は避けるようになっておりますが、「緊急地震速報を発表した後の解析により、震度3以下と推定されていた地域が震度5弱以上と推定された場合」は続報を発表します。

緊急地震速報を聞いたら・・・

緊急地震速報が発表されたら、その場の状況に応じた行動をとりましょう。

<家庭では・・・>

  • 頭を保護し、大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れる。
  • あわてて外に飛び出さない。
  • その場で火を消すことができる場合は火の始末を。
    火元から離れている場合は無理して消火しない。
  • 扉を開けて避難路を確保する。

<人が大勢いる施設では・・・>

施設の従業員の指示に従うことを基本とします。
なお、施設従業員から明確な指示がない場合は、
以下のように対応するとよいでしょう。

  • その場で頭を保護し、揺れに備えて身構える。
  • あわてて出口・階段などに殺到しない。
  • 吊り下がっている照明などの下からは退避する。

<屋外(街中など)では・・・>

  • ブロック塀の倒壊や自動販売機などの転倒に注意し、
    これらのそばから離れる。
  • ビルからの壁・看板・割れたガラスなどの落下に備え、
    ビルのそばから離れる。
  • 丈夫なビルの近くにいるときは、そのビルの中に避難する。

<自動車の運転中は・・・>

  • 後続の車が情報を聞いていないおそれがあることを考慮し、
    あわててスピードを落とすことはしない。
  • ハザードランプを点灯するなどして、まわりの車に注意を促したのち、
    急ブレーキはかけずに緩やかにスピードを落とす。大きな揺れを感じたら、
    急ハンドル・急ブレーキをさけるなど、できるだけ安全な方法により、
    道路状況を確認して左側に停止させる。

<鉄道・バス乗車中は・・・>

  • つり革・手すりなどにしっかりつかまる。

<エレベーターでは・・・>

  • 最寄りの階で停止させ、速やかにエレベーターから降りる。